通販で介護食を買うときのポイント

介護の円滑化を支援する生活サポートサイト

介護食が必要とされる理由と見込まれる効果

介護食は通常の食事を経口摂取することに支障が生じた要介護者を対象に食べやすくするための工夫を施した食事を指し、施せる工夫と結果において離乳食とほぼ同義ですが、離乳食が徐々に固形物に変じるのに対して徐々に流動物に変じるという相違を持ち、介護食の前身となる高齢者食も存在します。

続きを読む

介護食の基礎理解

基本的に介護食のメインターゲット層は高齢者であり、介護食が必要とされるのは、加齢による身体機能の低下や歯の欠損で咬合力や嚥下力の低下が引き起こされることが、高齢化に伴って減退していく傾向にある食欲の減退を加速させ、結果として栄養不足や栄養失調を招き、免疫力の低下から病気を患いやすくなってしまい、ますます体が弱るといった負の連鎖がループして健康に生活を送ることができる期間に当たる健康寿命が短くなることを防止することに他なりません。

食事によって摂れる栄養が足りないのであれば、点滴や錠剤・サプリメントで補うことも数値だけを見れば悪くはありませんが、老化の進行で自由に動くことが間々ならなくなる中、食事を数少ない楽しみとしている高齢者も少なくなく、要介護者のメンタル面を考えると、普通の食事と同じく経口摂取ができるため、味を感じることができ、食べたという実感を得られる分、介護食に軍配が上がります。

また、食事の経口摂取の影響は近年注目を集めており、歯が完全に失われた後に義歯やインプラント、入れ歯などの形で歯を補って、噛んで食べる食事を継続した方が、歯が失われると同時に点滴や錠剤等に切り替えた場合に比べると、衰弱と老化の度合が弱化緩やかになる傾向がみられるなど、噛んで飲み込む食事の効果は決して小さくは無く、研究途上ではあるものの、介護食のような形で食事に工夫を施し、少しでも通常状態に近い状態の食事を摂取することが望ましいのです。

調理に際してのポイント

要介護者の状況に応じて刻み食・ソフト食・ミキサー食・流動食の四つの形態を持つ介護食は、要介護者に合わせたものを給さなければなりませんが、いずれの形態も相応の手間を要しますので、基本的なポイントを押さえつつ、根気を要することも同時に理解しておきましょう。

続きを読む

通販での介護食の購入

スーパーを含む食料品販売店での購入も可能な介護食ですが、要介護者を一人にできなかったり、買い物に行く時間的な余裕が無かったりする場合、通販での介護食の購入なら家から離れることなく可能なので、介護食品の選び方を踏まえて、可能な範囲内で利用していくべきです。

続きを読む